2019年4月施行の働き方改革関連法の準備できていますか?

- 人事総務担当者必見 - 2019年4月施行の働き方改革関連法の準備できていますか?

いよいよ2019年4月から施行される働き方改革関連法。
「まだ対応できていない」「法改正することを知らなかった」という方も大丈夫!
ISAO版「働き方改革関連法対応勤怠BIレポート」なら簡単にお安く対策することができます。

- What's 働き方改革関連法? - 働き方改革関連法で、
ここが変わる

- About ISAO Power BI - まだ対策できてなくても大丈夫。
ISAO版「働き方改革関連法対応勤怠BIレポート」で簡単解決。

PowerBIは、Microsoft社が提供しているBIツール(ビジネスインテリジェンスツール)です。
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/what-is-power-bi/

ISAO版「働き方改革関連法対応勤怠BIレポート」のメリット

  • Power BIの特徴1

    簡単

    特定のフォルダに勤怠データを入れるだけで簡単に自動計算。Excelなどで毎月集計する手間を省けます

  • Power BIの特徴2

    安い

    月額運用費用がなんと無料から!導入のハードルの低さがウリです。

  • Power BIの特徴3

    早い

    部署ごとや役職ごとなど自分の好きな切り口で瞬時に分析。ブラウザやモバイルからも閲覧できるので好きなタイミングでサクッと確認!

ISAO版「働き方改革関連法対応勤怠BIレポート」 画面説明

ISAO版働き方改革関連法対応勤怠レポート 説明 ISAO版働き方改革関連法対応勤怠レポート 説明 動くサンプルはこちらから

- Plan - ISAO版「働き方改革関連法対応勤怠BIレポート」の導入プラン

オプション

- Plan Detail - 各プラン詳細

エコノミープラン バリュープラン
導入手順
  1. お客様:勤怠システムからデータをエクスポートし、データ整形後ISAOへ送付(初回のみ)
  2. ISAO:いただいたデータを元にBIレポートを作成し、作成完了後Power BIファイル(pbix)をお客様に送付。
  3. お客様:PCにPower BI Desktopという専用ソフトをインストール。このソフトを用いてレポートを閲覧いただけます。
  4. お客様:毎月の運用では、勤怠データをエクスポートしデータを整形して指定のフォルダに格納。Power BI Desktop上で「更新」ボタンをクリックして最新のデータにするだけ!
  1. お客様:勤怠システムからデータをエクスポートし、ISAOへ送付(初回のみ)
  2. ISAO:いただいたデータを元にPC版/モバイル版のBIレポートを作成。そのままPower BI Service(ブラウザ)へ発行し、各種設定(自動更新設定、共有設定)を行う
  3. お客様:ブラウザorモバイルアプリからPower BIサイトへアクセスし閲覧いただけます。
  4. お客様:毎月の運用では、勤怠データをエクスポートしSharePointの指定フォルダに格納。更新設定でセットした時間に自動的にBIレポートが更新されます。
メリット
  • 導入費用が安価で導入しやすい
  • Power BIライセンスは不要なので、月額費用も意識しなくて大丈夫
  • 専用のソフトをインストールしなくてもブラウザがあれば閲覧可能
  • SharePoint上の指定フォルダにデータを格納すれば、自動でBIも更新される(一日8回まで更新設定可能)
  • 他の人と共同編集が可能
デメリット
  • Power BI DesktopがインストールされているPCでしか閲覧ができない(Windows 7より前のOS、Macはインストール不可)
  • 手動で更新ボタンを押す必要がある(自動でBI更新ができない)
  • 他の人と共同編集ができない
  • PCのスペックにより描写速度が遅延する可能性あり。
  • 月額ライセンス費用がかかる
  • オンラインでないと閲覧できない

お問い合わせ

ISAO版「働き方改革関連法対応勤怠BIレポート」について、お気軽にお問い合わせください。

03-5825-9339 お電話での相談(平日10時~18時) メールで問い合わせる